礼拝メッセージのページ

今月の礼拝メッセージ

~礼拝メッセージ~

2018年08月
<位置合わせ>●久松 政一使徒的長老●

 今から皆さん、ウッドロフ先生のDVDを5分間見ます。「新しい季節」というタイトルです。前回は私が語らしてもらったように、 アイデンティティーを確立して毎日を送って下さい。アイデンティティーが不確定な人、確立していない人は、 失望したり高慢になったりしますという事をお語りしました。自分が誰であるか、いつも問うて下さい。 そして世の定義を受けないで下さい。神の定義を受けて下さい。それをいつもあなたのアイデンティティーとして下さい。 これは生涯語られるべきメッセージですから。どうぞ受けて下さい。今日はその素晴らしい、 新しい運動の教えをして下さっている私たちのコングレスのトップ、CLCのトップのウッドロフ博士のDVDです。 今大体、世界で40万ぐらいの私たち聖徒がいます。そして107ヶ国以上の国々が入っています。 そして大体2万ぐらいの教会が、私たちの仲間です。私たちもその一つの教会です。どうぞその素晴らしいDVDを見て下さい。



ノエル・ウッドロフ師<C-WBN総裁> ~DVD「新しい季節を理解する」より~  「地に能力と機能性と強さとで、神の未来に仕える事ができるからです。その様にコングレスの私の聖徒たちよ、 私たちは神を見つめています。神の思いの中を、御心の中を、神の願いの中を凝視しています。 私たちは前方への道を見せられています。そして私たち全員が、共に未来の成功のために私たち自身を位置合わせしています。 そして私はその位置合わせが、コングレスのトップレベルで、グローバル・コングレス・リーダーシップで起こっている事を望みます。 その位置合わせが全てのキングダム・コミュニティーで、コングレスの全セクターで起こっている事を、 そしてその位置合わせがあなたの家族で起こっているように。これはあなたの家族での位置合わせの日です。 そして家族の頭たち、父親たち、母親たち、微調整、位置合わせ、リセットのための勢いの中で、家族の元に帰り、 あなたの結婚に帰り、家庭の元へ帰るのです。神が今日私たちを置いたコンテキストに応じた位置合わせ、 私たちは将来の成功に向けて位置合わせしています。洪水が来ている日に家を建ててはいけません。神から下って来ている未来に、 適切なものを建てなければいけません。未来へのカギは、コングレスが一つのコミュニティーとして立たなければいけないという事です。 一つのコミュニティーとして、私たち皆が、GGPEで見た偉大なパターンを覚えています。なぜなら私たちはそこで、 一つとして立ちました。それが未来へのカギです。未来へのカギは、私たちが一つとして立つ事です。未来へのカギは、 私たちが同じ思いを持っているという事です。私たちは同じ心を持っています。同じ使命を。一つに統合した人々が、 神を追跡している、それが未来の無制限な可能性へのカギです。私たちが一つのコミュニティーとして立つ事です。 私たちは一つの心、一つの思い、一つの使命を持ち、一つに統合された人々が神を追跡しています。 そして私が始めた場所を復習したいと思います。聖徒の皆さん、私たちはここにいます。あなた方のゆえです。 私たちがここにいるのは、あなた方の信仰のゆえです。私たちがここにいるのは、あなたの偉大さや、油注ぎの力や、 あなたの人気や、あなたが持つ偉大なものや、あなたが所有するもののゆえではありません。私たちがここにいるのは、 コングレスの普通の生徒たちが、彼らのリーダーに従ったからです。聖書は、「あなたの民はあなたの戦いの日に喜んで仕える」 と、告げています。そしてあなたは喜んで仕えてくれました。私たちは来て、あなたと共に立ち、組織され、 そして力を受けました。私たちは来て一つとして立ちました。私たちは同じ歌を歌い、同じ祈りを祈りました。 私たちは同じ叫びを叫びました。この地上全土に渡って、そして一つの周波数が、もろもろの天に解き放たれ、 それはもろもろの天を粉砕し、もろもろの天の構造を変えました。要塞にいた君たちも恐れて、戦いに出て来ませんでした。 私たちの叫びは神に届き、そして全能の神は応答されました。命令を授け、一つの領域を開き、そして私たちはここにいて、 未来に向けて、位置に付いています。従事Ⅱが来ています。間もなく私は全地の全ての地域で、従事Ⅱの運動を始める命令を下します。 そして私は神の生徒たちが祈っている事を期待します。これがあなたの運動です。私は地上全土から、叫びが神に昇っている事を期待します。 聖域のための叫び、集合のための叫び、神が私たちの所に、打ちひしがれた人々を、拒絶された人々を送って下さるように祈っています。 聖域を探している全ての牧師たち、彼らが来るように。そして彼らが憩いを見つけ、食物、養い、そして力をみつけるように。 未来は明るいのです。ですから父よ、私たちを導いて下さり感謝します。感謝します神よ、 私はあなたの民の心にある信仰のゆえにあなたに感謝します。共に立ち、等しくされ、彼らの手と声を上げて祈った普通の生徒たち、 普通の女性たち、普通の男性たち、普通の若者たち、そして子供たちのゆえにあなたに感謝します。 そして私たちが今日立っているこの光の場所へと、そしてこの悟りと認識の場所へと私たちを導いて下さいました。 あなたは新しい発展、新しい成長の、全く新しい展望を開いて下さいました。私たちが歩いて行く事のできる未来です。 私たちの心は感謝しています。神よ、感謝します。私たちが前進するに当たり、 牧師たち、私はあなたがコミュニティーを立て上げるよう聖徒たちを愛するよう奨励します。そしてイエスの御名により、 全員が共に確かな未来に向かって歩みましょう!」


 この所から今日は語ります。このタイトルは、前にも私たちは見たと思うのですけども、これは、「新しい季節を理解する」今、 私たちにとって新しい季節とは、「聖域と集合の時」であるということを、我々は今聞いています。そして多くの人々が、 この所へと、牧師たちが、また、未信者たちが、教会にやって来るという事を私たちはこの目で見てきました。ものすごい勢いで、 世界中で、この働きが起こっています。その時に、私たちに対して、ウッドロフ師はこの事を語っていらっしゃいます。 「未来へ」という最後の5分間の所だけを、今語りました。これは1時間30分ぐらいのDVDです。 さあ、これはあなたに何を神様は語っていらっしゃるのか、よく理解していただくために、私は普通の言葉で語ります。  ではまず御一緒に、これをお読みいたしましょう。「ウッドロフ師は、30年前の始まりの時から、 一つになる事を強調しておられました。そして現在においてもその事は変わるどころか、より強く強調しておられます。 多くの教会がコングレスに入って来ているからです。それゆえコングレス全体、すなわちKCに対して語られる重要な言葉、 それは、「位置合わせ」「微調整」「リセット」という言葉です。これが今日のメッセージです。特に今日の重要な言葉は、 「位置合わせ」です。そしてここに書かれているように、ウッドロフ先生は、もう最初の時から、この新しい運動、 すなわち神様の最後の時代の真理について、それはその中の一番重要な一つ、それは私たち教会が「一つになる事」という事です。 これは、単位が少ないという事であれば、それは個人の事を語ります。もう少し大きな単位で言えば、家族です。 もう少し大きな単位で言えば、国です。もう少し大きくなれば、それは世界です。全ての点において、一つになるための働きです。 なぜなら世界は一つではないからです。全てが混乱です。その中で神様は、この世界を終わらせるための絶対的条件は、「一つ」です。 一つにならなければ、神様は再び来られません。ですから私たちはこの一つになるというこの教えが、 如何に重要であるかということを毎日あなたは、あなたの内側で確認していかなければいけません。その意味において、 沢山の今、世界中の教会が、コングレスになだれをうって入って来ています。例えば20名ぐらいの会社があるとしましょう。 その20名ぐらいの会社で、例えば今年新入社員が5名入って来たとすると、25名になります。20名の会社で、 5人の新しい人が入って来たとするなら、その5人に、この会社のシステムと、その目的と、その意識と、その改革を、 この5人に同じように教えなければなりません。そして一つにならなければ、会社としては経営がなり立たないです。 この5名が全く違う価値観で、営業や事務や、あらゆる事をしたら、この会社は混沌としてしまいます。 そして目的である営業利益を上げる事ができない。そして立ち行かないという事になります。20名の会社において5人が入って来たという事は、 100%の内の2~3割の新しい人たちが入って来たという事。それはものすごい事です。そうするとコングレスは、 2012年ぐらいの時には、まだ500ぐらいの教会だったのが、今、2万の教会になっていたら、これはもう全く逆です。 メインがたったの500で、新しい教会が1万9千500入って来たのです。そうすると最初の500の考え方を、 世界中の入って来た教会に正しく教えなかったら、このコングレスの新しい運動の教えは、歪んだものとなってしまいます。 だからウッドロフ師は、「今もう一度位置合わせが必要です!微調整が必要ですよ!リセットしましょう! そして元の正しい位置に戻りましょう!」という事を、全ての教会に語っていらっしゃる訳です。 その最大の目的は、入って来た教会が混乱を起こす事のないように、皆がこの神様の運動の教えを正しく理解して、 一番の底辺の聖徒たちにまで届くように、一つになるようにウッドロフ師は今、新しい季節を迎える時に重要な真理は、 「一つになる事です」と、言ってらっしゃる訳です。


 先程のDVDを、私が簡単に説明して行きます。そして最後に一番大切な事を語ります。この位置合わせという意味は、 ある意味ずれている訳です。正しい位置からずれている。また、歪みがある。正確でない訳です。人間というのはすぐにずれるのです。 私も腰がずれて、私の腰は正確性を欠いています。だからもう、ちょっと動いたら、だるくて痛くなります。皆さんもどうですか? 位置合わせするという事は大切です。ウッドロフ師はこう言いました。「未来のために、洪水が来ているのなら、 家を建てる時ではなくて、それは箱舟を建てる時だ。」と、ノアの時代の事をたとえで語られました。洪水が来ているのに、 どんなに立派な家を建てても、それは私たちにとっては、能力があり、力があり、素晴らしい建築をして自己満足をしているけれども、 それは神様の考えではない考えを、自分勝手にやっているという事です。だからクリスチャンよ、 自分勝手にやる様な生き方を毎日してはいけませんよ。今は新しい季節です。洪水がやって来ている。 混沌とした、この暗闇の時代の中にあって、私たちが建てなければならないのは、家ではなくて箱舟です。 そして多くの人たちが、この箱舟の中に入って来るように位置合わせをしましょう。私たちがずれていたらだめです。 船が傾いている所に、沢山の人が入って来たら、舟もろとも、新しい方々も沈没してしまいます。だから位置合わせが非常に重要ですと言っておられます。 それからウッドロフはこうおっしゃいました。「私たちは未来の成功のために、今私たち自身を位置合わせする必要がある。」 これからもっと多くの教会や、まだイエスを信じていない人々がなだれ込んで来ます。 沢山の人たちがこの終わりの時代に箱舟の中に入ろうとしています。その時代の中で、 未来のために今私たち自身を位置合わせしましょう。全てのKCで起こっていることを願っておられます。 もう皆さんKCという言葉は覚えて下さい、キングダム・コミュニティーです。これは御国の共同体という意味です。 これは世界のコングレスの中に入って来ている教会を指します。今大体2万ぐらいの教会です。このクライストチャーチ倉敷は、 その内の一つです。その全体をKCと言います。キングダム・コミュニティー、御国の共同体、一つの共同体、一つの教会、 KCというのはそういう意味です。ですから全てのKCで、その事が起こって来る事をウッドロフ師は願っていらっしゃいます。 何が起こって来る事を?「位置合わせ」です。その内容は、家族、夫と妻、母と子、父と子。 そういう家族に対して、微調整しなさい。リセットしなさい。リセットと言うのは、これは皆パソコンの言葉です。 リセットは初期状態に戻すという事です。だから最初の所へ戻しましょう。初めはきちっとできていたのに、 何かずれてきた事によって、映らないとか、また、出て来ないとかいうような事が起こる訳です。だからリセットしましょう。 「洪水が来ている日に、家を建ててはいけません」それはずれている事です。船を建築しなければならない時に、 その一番時というものが大事です。時がずれたら、何にもならなくなります。「今この時、この事をして下さい」と言われていても、 それをしなかったら、時々そういう事があります。忘れて、10分遅れて来て、「着きました!」「もう遅い、 10分前に来てくれないと、もうこれ意味無かったじゃないの!」と、言われるような事、皆さん色んな事で、 一杯あるのではないですか?その意味において神様は、「洪水が来ている日に、自分勝手な考え方で生きるのは止めなさい。」 そうおっしゃっています。未来のカギは、コングレスが一つのコミュニティー、一つの共同体、 一つの教会として立たなければいけないという事をおっしゃっていました。未来のカギは、 コングレスの教会全体が一つになって神様の前に立つ。そうするならイエスの御再臨はもう目の前です。 この世界は終わりを告げます。もうこんな汚れた世界は本当にいらないです。いつも恐ろしい事件が、毎日どこかで、 何千、何万と起こっています。本当に不条理な世界です。そして皆幸せになったとしても、全部死んで行くのです。 私たちは死ぬ体で生きているのです。でも神様は、そうじゃない、私たちを最初に造られた所へと導きたい。 永遠に生きる者として。そして例を挙げておられました。「GGPEは一つになりました。だからもう一度あそこにリセットしましょう皆さん。 位置調整しましょう!それは普通の父親、普通の兄弟、普通の姉妹、普通の学生、普通の子供たち、 普通一般のクリスチャンと言われる人たち、そのあなた方がそれを完成したのだ、私たちではない。」 と、ウッドロフ師はおっしゃっています。私たちが今ここに立っているのは、あなた方が一つになったからだ。 ところが今、沢山入って来る事によって、皆一人一人が位置合わせをしなければならない状態です。」 と、神様から聞き、ウッドロフ師は言っておられます。あなたの心を今見て下さい。あなたの心は位置合わせできていますか? 神様が喜ばれる毎日を送っていますか?それをこの様な言葉でおっしゃっている訳です。こうもおっしゃいました。 2回言われた言葉があります。「未来の無制限への鍵は、未来が本当に制限なく開いて行くためには、一つの心、一つの思い、 一つの使命、一つに統合された人々が、神を追跡している事、それが重要である。」これを2回ウッドロフ師はおっしゃいました。 だから、「単に生産性について語っているのではない。ただ何かをやっている、私はしている、毎日自分の事で何かやっているという、 そういう生産性ではなくて、適切な生産性について語っている。ただ単に生産性について語るという意味は、家を建てているという事です。 それはだめです。適切な生産性について語っているという意味は、箱舟を建てている。今この時に、 正しい位置調整ができている人にならなければいけません。」という事をウッドロフ師は語っている訳です。 ですからコングレスというのは、単に生産性を語っているのではなくて、未来において箱舟を建てる位置調整を今正しくして、 正確に神に喜ばれる正しい生き方をしなさい。そのためには、「一つの心を持って、一つの思いを持って進まなければいけません。」 という事を語っています。思いというのは考え方です。だから一つの考え方、考え方というのは、私たちキリスト者にとっては何が考え方ですか? 聖書です。神様の言葉の考え方によって、私たちは一つになります。あなたの独特な考え方は、いつも人と混乱をもたらします。 あなたの本当に独特な思想によって、いつもあなた自身が不幸です。神様の御言葉の考え方によって、 私たちは一つ思いになる事ができます。また、一つの心というのは、一つの霊。すなわちそれは、 私たちが信じた時にイエスキリストからいただいた神の霊です。それは神御自身の霊ですから、これは神の考え方と言ってもいいでしょう。 それによって一つの心になる事ができる。また、一つの使命、使命と言うのは、使者として受けた命令。「この様にしなさい。」 というふうに上から命令を受けた使者、それが使命です。私たちは何のための使命を受けましたか?一つになる使命を受けたのです。 だから自分勝手な独特な解釈や、自分の義を立てるクリスチャンは、本当に混乱を招きます。兄弟姉妹、 私たちはあなたの考えがどうであれ、一番大切な事は、一つになる事なのです。でも自己主張したいでしょ。 自分の義を立てたいでしょ。自分が正当性を持って言った事を、「何でいかんのや!」と、あなたはそれを主張するでしょ。 じゃあその主張する事によって、どういう背景から、どういう出来事が起こりますか?争いが起こるじゃないですか。 あなたが正しいという事を言う事によって、争いが起こるのだったら、そのあなたの正しさは、正しいのですか? 正しくないじゃないですか。争いが結果起こっている訳ですよね。本当に一つになるという事は、自分の考えや、 自分の思いを殺す事も必要なのです。いつも争い事や、不平不満のある家庭は、それは問題です。それは誰が悪いですか? 誰が一番責任を負わなければなりませんか?それは夫です。夫たちよ、妻を愛しなさい。それは神様の命令でしょ。 あなたの考えで愛しなさいと聖書は言っていません。一つになるために愛する訳です。


だからその意味において、私たちは、一つの使命、一つの心、一つの思い、その一つという言葉の中には、それは一つという言語、 すなわちギリシャ語がある訳ですけども、このギリシャ語の中に、一つと言う言葉と同じ意味合いのものが沢山あるのです。 一つという言葉だけで言い表せないのです。その他の言語では、こういう言葉があります、「一体。」 これは皆さんよく御存知でしょ。神様が男と女を造られて、 結婚という形を取った時に、二人は一体となるべきである。これは一つという意味です。言語では、「一つ」というのと、 「一体」というのは同じです。だから夫婦というのは、考え方が一つになって進まなければ、その家庭は破滅です。 お互い主張し合ったら、終わりです。離婚率、もう欧米と変わらないぐらいになって来ています。そんなの追い抜いてどうするの? アメリカは正しい国ではありません。ろくでもない国です。毎日トランプばかりしている。あそこから、 もうあらゆる汚れたものが一杯輸入しています。思想、ファッション。汚染されていませんか皆さん。 だから一体という言葉があるのですよ。そしてまた、もう一つは、一致という言葉も実は、一つという言葉と同じ言葉なのです。 だから皆さん、一つになるという事は、あなたの意見を主張するだけでは、絶対に一致はできません。そしてイエス様の御心は、 彼らが、彼らというのは、イエスを信じた人たちの事です。今一つになるために、願っておられます。イエス様は、 教団教派をつくろうと思われた事はないですよ。分断されるような、そういう組織をイエスはつくられた事はないです。 皆一つになるために、イエスキリスト様はこの地上に来られたのです。今、家族が分断しています。そして社会が分断しています。 国が分断して、殺し合いをしているでしょ。全部、一つになっていないからです。教会の中でも、知識だけでも、1~10ランク、 皆違います。1の知識の人が愚かで、10ある知識の人が賢いというのは、世の中の価値観です。 教会では1の知識しか持っていない人は、1の知識でOKです。それは素晴らしい事です。2の知識ある人が、 1の知識ある人に、2まで来なければならないと言う、その不一致をもたらせる心が悪いのです。2の人は2で良いのです。 1の人をさげすむ必要はない。皆あって一つです。イエス様の造られた全ての被造物が、イエスを信じてイエスの下に立ち帰ったなら、 皆神の前に平等です。でもこの世界は能力主義だから、いつも差別だらけでしょ。その世界に生きているのだったら、 私たちは調整しなければならないじゃないですか。いつの間にかあなたの中に、レッテルを貼られているのです。 アイデンティティーが欠落しているのです。欠けている部分があるのです。人から言われたら腹が立つようなクリスチャンになったらだめです。 あなたの弱い部分を言ってくれる人に感謝こそすれ、攻撃をかける様なキリスト者になったら、本当にあなたは愚か者です。 愛する兄弟姉妹、私たちは一つです。夫と妻、すなわちアダムとエバが一つと言う言葉を使われているという事は、 複数ではあるけれども一つだという意味です。家族も複数でしょ。国も複数でしょ。神の国の聖徒たちも複数でしょ。 一杯いる訳でしょ。でも一つになる。それがイエス・キリストの御心です。今日、ウッドロフ師が語られたように、 夫と妻の位置合わせをしましょう!夫と妻、親と子、父と子、母と子、ウッドロフ師は、位置合わせしなさい。 ウッドロフ師は未来の素晴らしい一つになるための働きのためには、今、位置合わせをしておかなければなりません。 そうおっしゃっています。夫たちにまず言いましょう、夫たちよ、あなたは妻に権力を使っていませんか?権力というのは、 己を守るための働きです。権威というのは、その人を守るための働きです。全然違います。自分というプライドを保つために権力を使って、 「うるさいなお前!」とか、男が本当にひどい言葉をもって、権力をかざして、妻にその様な事を言うのなら、 あなたはそこを位置合わせしなければいけません。また、無言の圧力をかけていませんか?何も言わなくて、 圧力をかけている夫、時々いるでしょ。「もう絶対何も言うてやるか!」心で決めて、「ねえ、あなたー!」とか言われたら、 無言の圧力。夫よ、やっていませんか?夫と妻がこういう事をやっていたら、子供は全部見ているのです。 そういう子が育ったのがあなたです。全部歪んでいるのです。歪んでいる事すら気付かない。聖書は、 歪みを矯正するためのメッセージです。夫たちよ、汚い言葉で威圧していませんか?腹が立ったら何でも言う夫、いませんか? コントロールできていますか?気に入らなかったら無視していませんか?何言われても1日中口もきかない。 また、妻に対して金銭の不安をかけていませんか?そんな事は心に留めておきなさい。また、一番位置合わせしなければならない事、 絶えず話し合いを続けていますか?私のスケジュールを皆私の奥さんは共有しています。妻だから、一つの心だから、 己の心だけじゃないから。結婚をこれからする人たち、これ大事ですよ!「俺は俺じゃないか、俺の時間も必要じゃないか!」 それだったら結婚しない方がいい。絶えず話し合いをしていますか?話し合いをする事を喜んでいますか?あなたの性格上は、 あまり話をしたくなかったとしても、夫婦は一つになるために話し合って、いつもお互いの考え方や、心を調整していますか? これは大事な事ですよ!何も言わないで仕事から帰って来てご飯食べる様な夫だったら、それは本当の夫じゃない。 あなたは下宿人だ。本当に情けない。微調整しましょう!また、何をするにしても連絡を取り合っていますか?帰って来て、 「どこへ行って来たの?」「どこでもいいじゃないか!」こういう夫はさっぱりです。それだったら結婚するな! 一つになるという事は、そういう事なのです。自分の考え方を殺して、相手と共有する。これは大事な事なのです。 こんな事を社会は教えてもくれないです。結婚という事さえも分かっていないです。結婚と言ったら、 セックスするだけだと思っている。どの様に子供を育て躾けるか、全然分かっていないです。聖書は全部教えています。 そして夫たちよ、肉体関係を楽しんでいますか?年齢を問わず。皆さん60歳になっても夫婦が肉体関係を持つ事は、 本当に素晴らしい時です。また、いつも夫婦で、夫たちよ、挨拶し合っていますか?「おはよう、愛しているよ!」 これはアメリカの合言葉じゃない。あれは偽りの言葉です。あれは習慣的な事です。でも本当に一つになりたいのなら、毎日、 「愛しているよ。あなたを大切に思っているよ。」と、言うべきでしょ。なぜ言わない。「それは先生、言えません。 あんな性格で、あんなひどい事を私に言っている妻に、何で言えるのですか?」それだからあなたたちは駄目なのです。 愛の言葉をかけ合っていますか?夫婦でしょ。一つでしょ。夫よ、あなたは妻の心が分かっていますか? 妻の気持ちがいつも理解できていますか? できていなかったら一つじゃないでしょ。それは下宿人夫婦でしょ。お互いの心が全然通い合ってなくて、 ただ仕方なくいるだけでしょ。神様はそれを願っていますか?元の初夜の時に帰りましょう。結婚した時に帰りましょう。 もう結婚する前の、あのうきうき感。どこへ行ったの?どこに忘れて来たの?位置合わせしなさい。ウッドロフ先生は、 それを言っているのです。どんなに素晴らしい能力や知識で自分の家、というのは、自分のやりたい事を能力によって何かやっているかの様に、 社会で素晴らしいかの様に思っているあなたの事を、さっぱりだとウッドロフ先生は言っているのです。ウッドロフ先生の心は、 一つになる事です。最後に夫たちよ、妻が寝込んだ時、妻が疲れている時、妻がムカーッとして、ムスーッとして、 もう何もしない時、何もしないで、今私の言った事で腹が立っているなあと思っていても、それはそれ、夜の食事を買って来て、 何か作って、無言でもかまわないから、「どうぞ!」と、言ってあげて下さい。それも何もしていなかったら、あなたは夫ですか? 食事も何も作っていなかったら駄目です。時々は外食に誘ってあげてますか?時々は夫婦で、「一緒に行こうか? 色んな事を話し合おうよ!」誘っていますか?妻が料理するのは当たり前と思っているでしょ。それは本当にさっぱりな夫です。 私が言っているのではないです、それは神様が言っています。今の奥さんは仕事までしてくれているじゃないですか。 お互い助け合う、お互い認め合っている、自分の考えと違う考え方の人が一人いる訳です。お互い一つになるために努力しなさい。


 妻よいつも夫を優しい言葉で送り出していますか?「早よ、行って来いや!」ぐらいですか?「行ってらっしゃい、愛しているわよ!」 それを実行している人いますか?日本人は、こういう風に言われるのが嫌だから、誰も何も言わないのです。それが愚かなのです。 普通にやったらいいのです。それは当たり前の事です。自分の愛している夫と、生涯生きて行くのに、 その夫が仕事に行く時に「早よ行け!」なんて言っているのですか?最悪です。そんなのを聞いている子供は必ず大人になったら、 「早よ行け!」言います。蛙の子は蛙になるのです。自己中心の夫が妻を持っていたら、必ずその子供もそうなっているのです。 なりたくないと言っても、なっているのです。定義付けられているからです。毎回定義されて、世から定義されて、 そしてその子のアイデンティティーは、そうなるのです。私たちは正しいアイデンティティーを持たなければいけません。 妻よ、家の事にかまけていませんか?掃除洗濯ほったらかし。皆さん、家の事をかまけてはいけません。 それは怠惰という心に繋がります。でも夫たちよ、それを責めたらいけません。夫は、もし妻が洗濯をしないなら、夫よ、 あなたがしなさい。どんなに妻があなたを尊敬することでしょうか。また妻よ、感情的になる事が多くありませんか? また、妻たちよ、感謝の言葉が絶えずありますか?「いつもご苦労様!」とか、「ありがとう!」とか。夫に声を掛けていますか? 「当たり前ですやん、そんなこと言わんでも当たり前やからやらしているんよ!」そんな妻ですか?あなたは夫を誰だと思っているのですか? 夫はあなたじゃないよ!夫は違う人格を持っている人です。ちがう者同士が一つ屋根の下で生きるという事は、 考え方の違う者同士がお互いを認め合って、一つになるための考え方を持って、お互いを認め合って行くという事が、 どんなに大事でしょうか。


 また、父と子の関係でも同じです。お父さんは一家の長ですよ、それは支配者ではないのです。それは世話役です。 リーダーです。その家庭を守るために与えられた立ち位置です。偉そうにするためじゃないのです。だったら父よ、 あなたは子に対して、いつも配慮してあげて下さい。父親よ、子供と良い関係を築くために、いつも話していますか? 「いやあ、仕事が忙しくて。」それは逃げているでしょ。日曜日、話し合う時がいくらでもあるでしょ。土曜日、 仕事が休みの時もあるでしょ。また、夜帰って来て、まだ寝ていなかったら、子供たちと交わってあげて、 「今日はどんな事あった?ああそう、へえー、嫌な事があったんだね。」と、お互い嫌な事でも言い合える様な関係を、父よ、 あなたは子に持っていますか?大事ですよ。  また、母と子。母よ、子供に対して愛するがあまり、夫よりも子供を第一にしていませんか?それは母親失格です。 母親にとって一番大事な人は夫です。それが聖書的な事です。妻たちよ、あなたにとって一番大事なのは子供じゃないです、 夫です。何かもう母子のへその尾がペターッと引っ付いて、大人になっても離れられないという様な母子が一杯いますよ。 それはもちろん、ろくでもない夫の所もありますが、立ち位置は、妻よ、あなたにとって一番大事なのは夫です。 夫との関係がおかしいから、母よ、あなたは子供に行くのではないですか?「母と子は血縁関係があるけれども、 夫とは血縁関係が無い。」という、本当にろくでもない思想。夫と妻が肉体関係を持たなかったら、子供は生まれないのです。 母と子の関係が重要ではないのです。夫婦の関係が一番大事なのに、何で自己主張しますか?誰が行っても、 いつも雰囲気の良い家庭、いつもにこやかだねえ、という家庭を、なぜ構築しない。修正しなさい!  また、結婚において、お互い誕生日にはプレゼントしてあげたり、結婚記念日や、ありとあらゆる時に、 お互いに徳を高め合う様な事を、夫も妻もお互いしていますか?永遠の領域は内側です。あなたの内側が、 いつも夫に対し、妻に対し、本当に感謝の心と、本当に嬉しい心と、お互い努力し合う心を持ち合わせていないなら、 そしてそれが成長していないなら、夫婦としてあなたは位置合わせを今、しなければいけません。これが今日のメッセージです。 これをウッドロフ師が語っています。世界中の聖徒たちよ、位置合わせをしなさい。調整しなさい。リセットしなさい。 あなたは歪んでいます。そうおっしゃっています。そうでなかったら、未来に対して光が無い。もっとずれて来る。 ずれた状態で未来に希望を持とうと思ったら、もっと未来から遠のいて行く、ずれて行く、そういう自分を見い出す事になります。 尊敬できる父親、母親になって下さい。アイデンティティーと、今日のメッセージを通して、皆さんあなたは微調整して下さい。




-->