礼拝メッセージのページ

今月の礼拝メッセージ

「GGPEに参加した聖徒たちのコメント」コングレス全体会

2016年11月

<木村由智 主任牧師>
日曜日には本当に素晴らしいGGPEの時が持たれましたね。本当に神様の戦いが始まりました。 私たちは主の武器としてこの戦いを神と共に戦い抜く事ができるという恵みを心から感謝したいと思います。
今日はその恵みを皆さんに少し分かち合っていただきたいと思います。

ユース(20代)神様が私たちと共にいて下さることと、その臨在に触れて、戦って行くにあたって、 私たちには勝利が約束されていることを本当に強く感じました。イエス様の御名によって勝利を宣言して戦って行きたいと思います。
ユース(20代)本当に神の戦いが始まったな、と思いました。この先、主が起こして下さる事への期待であったり、 わくわくが止まらないです。
ユース(20代)神様が全世界から彼の勇士を集め、そして立ち上がり、戦いに彼らを選ばれた僕もその一人なのだなと感じました。 僕も勇士として立ち上がりたいです。
ユース(20代)いよいよ最後の戦いが始まるなというのをすごく感じて、そして音楽が流れた時、 自分の霊がかき立てられるようなすごい衝撃があって、自分もその戦いに向って、内側を強くして、何があっても逃げないよう、 これから頑張って行きます。
ユース(20代)最後のウッドロフ先生の祈りがインパクトが大きくて、神様から流れて来るそのウッドロフ先生の元で戦う 準備ができて、そして色んな教会の人たちと戦う心強さがありました。自分の中でも世の中と戦って行く決心をしました。
ミドル(40代)その場が終わって徐々に時間がたつと、本当に自分の中で何が変わったのか、そういう思いが来た時、 完全に強くされているということを確信を持って、神様と共に戦って行きます。
ミドル(30代)こんなにたくさんの一緒に戦う仲間がいるんだという心強さと、敵も本気になってかかって来るということで、 僕はまだまだ信仰が弱いなと思うので、信仰を強く持って、震われない自分をつくり上げて世と戦って行きたいと思いました。
J2(10代)時の流れを感じない様な感覚がしました。そして区切りがついて、そこから始まりというのを感じました。
J2(10代)戦いが始まったなというのを一番思っています。僕もGGPEの勇士として戦って行きたいです。
ユース(20代)主の声を他の教会の人たちと一致して上げられたことは感謝でした。 イエス様の御名によって守られていることを覚え、何も恐れることはないと分かり、勇士として前進して行きます。
J2(中2)僕はGGPEで終わりの時代が始まったと分かり、これからも戦って行きたいと思います。
J2(中1)終わりが近付いて来ていると感じ、終わりに向けて戦って行きたいと思います。
レディース(30代)この終わりの時に、世界中の人と一つとなって勝利の声を上げる事ができて本当に感謝です。 自分自身が聖域と成ってこれから又前進して行きたいと思います。
レディース(30代)この終わりの時代に信仰の先祖たちの祈りと信仰、又犠牲と感謝をすごく感じました。 夫に対して聖域となれるよう、そこを直していこうと思いました。
ミドル(20代)GGPEの中で神様に選ばれてここに自分がいるという恵みに感謝だなと感じました。 確信を持ってイエス様の御名によって戦って行きたいと思いました。
マダム(40代)GGPEの時にはものすごく興奮して、私にはこれから何ができるのだろうと思ったのですけど、 キリストの一つの体に成る為に皆さんと一致していけるようにしがみ付いて行きたいと思います。
小学(5年)賛美の時に一致がすごい分かって、一致して戦って行こうと思いました。
J2(高1)もっと聖くないといけないということを感じました。世の中の人から見て、この人は何かちがうなとか、 態度や言葉がきれいだなとか、思ってもらえるようにこれからやって行きたいと思います。
ユース(20代)聖書の中の人々の願っていたその日に私たちが立っていたのだな、コングレスを一人としてみなして下さって、 立つ事ができたのだなと思いました。
ユース(20代)本当に力強いものを感じて、前の私は、恥とか、色んな事で恐れとかあったのですが、 その日から全部がなくなって、本当に喜びにあふれて、自分は本当に勇士だということを肝に命じてこれからも成長して行きたいと思いました。
ユース(20代)これからどんな事が起こっても最後まで強い信仰を持って戦い抜くということで、 「神様はすでに勝利しています」という言葉はすごく力強くて、さらに高い位置に引き上げて下さっているのだなと思いました。
ミドル(40代)これからは、無意識で考えずに行動していた事、見過ごしていた事に目を向け、 正しく向って行きたいと思います。
小学(6年)私はウッドロフ先生が、「私たちは勝ちました」と言われた所が心に残りました。これからも戦って行きたいです。
レディース(40代)神の国が本当に現実のものとしてやって来るのだなということを感じました。 御名によって恐れることなく進んでいいということも分かりました。
小学(4年)私たちはGGPEの戦車で大砲を打つ事と、賛美する時に戦いは始まっている事が分かりました。
マダム(30代)勝利しているということの確信が得られました。聖域に私たちが成るということがうれしかったことと、 私たちの責任も感じて、ますます神様に近付く歩を全うしようと心に決めました。
シニア(60代)GGPEへ行く前に「世界的な統治的な祈りのイベント」というすごい大きなタイトルだったので、 どういったものかと非常に期待して行きました。その期待以上の成果がありました。信仰を強く持つということを一番感じております。
ミドル(40代)あなたが引き金を引きなさいと言われたことに驚きました。天を揺り動かしなさいと言われたその天を揺り動かして戦って行きます。
J2(高3)自分が確信を持って、いつも進んで行くということを心に留めました。いつも自分は駄目だとか、 ここに居られる人じゃないと思うこともあるのですけど、一人の一員として責任を持って日々歩んで行きたいなと思います。
J2(30代)自分が弱さの故にできなかった事が、もうできるという確信を与えられたので、本当にそれをやって行きたいです。
ユース(20代)すごく弱気になってしまう所もあるのですが、勝利を得ていることや、神様がいつもそばにいてくれることや、 同じ方向に進んでいる仲間がいることをいつも心に止めて強く進んで行きたいと思いました。
マダム(50代)私は本当に捨てなければいけないものを沢山持っています。それらのものを本当に捨て切って、 責任を持った行動をとって、神様と共に歩んで行きたいなと思いました。
ミドル(50代)後戻りすることなく、あの日のことを忘れることなく、常に行動を伴って行きたいなと思いました。
レディース(50代)永遠を、神の将来の中に今いる味わいの感動の中に居ました。それと共に、この時代の責任を全うする為に、 もっと的を得た正確さを持って進んで行こうという決意を新たにしました。
ミドル(40代)本当に私たちは戦いに出て行くのだなということを思いました。 救いの入り口となる信仰を持った人に成りたいと思いました。
レディース(40代)実際に神の武具として、神様の役に立てる者と成って行こうと思いました。最後に残るのは信仰ですと、 本当にそれを持ち続けます。
ミドル(30代)「キリストの体全体のものとしてみなして下さい」というウッドロフ師の祈りは、 本当にキリストの体全体の叫びなのだということを感じました。そしてこれから自分の内側も完成に向って進んで行こうと思いました。
小学(4年)もう戦いが始まったんだなと強く思いました。
ミドル(30代)終わりの瞬間が又一歩近づいたと私は本当に確信しました。世の中のものが本当に消えて行って、 この共同体の中で確かな歩みを終わりの瞬間までして行き、又、聖域としてイエス様を証しようと思いました。
レディース(40代)全世界でこの闇の主権に完全に勝利したことを確信しました。 ウッドロフ先生の祈りの哀れみと聖域と成りますようにというその決意と、私もその信仰をいただいて命の書に書かれている人たちの為に聖域として果たして行きたいと思います。
レディース(30代)最初に皆と交流した事を通して、本当に一致する為には兄弟姉妹を愛することが本当に大切なんだなということを改めて悟らせていただきました。 聖域と成れるように、これからも兄弟姉妹を愛して進んで行きます。
レディース(30代)神様が願われる聖域に私をして下さったという確信を得ています。この戦いも既に勝利であるということ、 又、神様の守りもあるということで、私はこの戦いを戦って行き、沢山の救われる魂が起こされるという期待と喜びで一杯です。
J2(高1)僕はいつも弱気ですが、GGPEであの力強い声を聞いて、僕もあの様な力強い人に成りたいなと思いました。
マダム(40代)子供の頃感じていた暗闇の中での悲しみ苦しみの叫びを神様が今その暗闇を砕いて下さる時なんだと、 この暗闇に対して勝利できる力をウッドロフ先生がこの時を用意して下さったということを本当に感謝しました。
マダム(30代)ウッドロフ先生の言葉は一つも地に落ちることなく、本当に真実でその通りになっていると確信を持ちました。 いつも私の心に疑いとか、勝利?とかいろいろあるけれども、その時にいつも信仰に立って、宣言して進もうと思いました。
マダム(30代)私は力強さと一致をものすごく感じました。ウッドロフ先生が祈られている姿を見て、 揺るがない信仰で私も揺るぎたくないなと強く思いました。
ミドル(30代)今後の私の戦いは、自分自身の為にするという事を一切放棄して、キリストの体の為にのみ戦い、 犠牲し献身して行くということを決意することができました。
ミドル(50代)世界の皆さんと一緒に祈る事ができた事も感謝ですし、他教会の方と交わる事ができ、 本当に皆さんと一緒に戦いができる事を感謝だなと思いました。
マダム(50代)私は弱いと思っている場合じゃないなと思いました。信仰に強く立って進んで行きたいと思います。
ユース(20代)戦いが始まってもう勝利しているということを本当に強く感じましたし、常にBTGとして責任を持って、 強い信仰を持って生活して行こうと思いました。
レディース(40代)祈りと賛美で泣けて泣けて仕方なかったのですけども、今病院へ行って来て、 息子が9割方悪性リンパ腫と言われたのですが、私は息子は大丈夫だ、癒される!という確信が持てました。 主に栄光をお返ししたいと思います。
マダム(40代)戦車のパーツの一つ一つが私たちなんですと言われた時に、戦うのは皆が一つに成って、 この世の暗闇に光で粉砕するというその力強い感動を覚えました。信仰に立つべきことを思いました。
ミドル(40代)ビデオカメラの担当で一番後ろから全体を眺めて、すごい集会だったなと思いました。個人的には、 もうやればいいんだということで頑張って行きます。
マダム(60代)神様が完全な勝利に向って今戦いを始められたということを感じました。そして私はハレルヤ! と言う事のみです。
マダム(40代)GGPEが始まる前、逃げ腰な自分がいたのですけれども、あの会場に行って色んな教会の人と交わったり、 一致した祈りをした事で、力をいただいた気がして、既に勝利、固い信仰を持って進んで行きたいと思いました。
マダム(60代)GGPEに行く前は、立ちふさがる現実の中で、不安と恐れでもういつもつぶされそうになっていたのですが、 神様が励ましと守りと力を与えて下さり、一歩踏み出すその力をいただきました。
ミドル(60代)私たちは終わりの時代にいるのだなということを感じました。 この世はこわされイエス様の再臨が来なければいけない。そしてそれは神様が全部道備えをして下さっているので、 カレブの信仰を持って進んでまいります。
マダム(60代)この世界を終わりに至らせる民としてこの戦いが始まった、 そしてイエス様の十字架でその勝利は決まっていることだということを確信しました。喜びから来る信仰で世の人々を勝ち取り、 色んな事があっても共に戦い抜きます。
シニア(60代)暗闇と言う定義、それは無知だ。悪魔は私をいつも無知にさせている。暗闇をもって、 現実の見える世界だけを私に見せて来る。でも本当は悪霊との戦いだ、血肉じゃない。 霊の目がいつも開いているべきことを強く思いました。
シニア(60代)私の家族はバビロンに捕らわれていますので、そこから本当に解放されて神の国に入る事を期待して、 その為に本気で自分に死に、備えをして、多くの人々が神の国に入る事を切に祈り求め行動して行きます。
マダム(60代)主の主権を始めから最後まで覚えました。戦いが始まったということでコングレスの心というのは物事をシンプルにしてくれるので、 これからもコングレスの心で勝利していきたいと思います。
マダム(30代)私は本当に絶大な神様の力と権威の中にキリストの体全体が引き上げられた中で、 この勝利が確約された戦いの新しい季節が始まったのだということを強く受け取り、 本当に主に言われる全てをアーメンと言って従う決意をしました。
マダム(60代)私は本当に今回は、深く自分に死ぬ事、更に深く死ぬ事を求めたいという思いにかられました。
マダム(50代)神様が勝利を与えて下さっていますから、恐れることなく、 何が起ころうとも勝利して行けるその確信が得られました。そして本当に積極的に、神様が愛して下さったように愛して、 これから全ての事に勝利して行きます。
マダム(50代)そこが本当に神の国だということを実感しました。その神の国が世界中に広がって行くのだという確信も得ました。 その為には私が前に前進しなくてはという思いにかられました。私も本当に肉に強いので、死んで行きたいと思いました。
レディース(50代)3時間が本当に一瞬に思えて、時から解き放たれた思いがしました。そして波紋が広がるように、 まずは近くから、そしてどんどん手を延ばして、神の国を広げて行きたいと思います。これからも頑張って行きます。
レディース(40代)いよいよ始まったというわくわくと喜びの時でした。そして神様の臨在の中で、 本当に霊が喜んで本当に悪魔が負けてしまうというのを強く感じました。私の中の弱い所を神様に示され、砕かれました。 なので、勝利して歩んで行きます。
シニア(50代)私の本当に死なないといけない部分、その部分を神様が引き抜いて下さり力強いイエス様が入って来て下さった感じがしました。 女なのですが戦士になった。本当に喜んで主と共に戦って、悩んでいる人々を勝ち取って行きたいと思います。
シニア(60代)暗闇、悪魔に勝利したということを聞いて、ますますそれが大きくなってこれからの人生、 本当に何事があっても恐れなくてもいいんだということがますます大きくなって、本当に幸せを感じました。
マダム(40代)集会の中で叫び声を上げた時に、エリコの城が崩れるイメージがわいて来て、 私の肉の弱さの壁を崩して下さった、後は信仰を持って、私がそれを取るという確信が今、与えられていることを感謝します。
レディース(40代)戦うということは受け身でいては絶対にいけないということを思いました。 ここを出てから戦いは始まるということを思いました。戦って行きます。
ミドル(40代)取るに足りない者ですけども、GGPEを通して神様の御心が前進する事を信じて感謝します。
レディース(40代)イエス様が十字架上で言われた、「完了した」と言われたことを思い出し、 また次の完了を目指して走ります。
シニア(60代)いよいよGGPEの戦いが始まったなと感じました。礼拝中私の心の中に 「強くありなさい、もっともっとやりなさい」という思いが来ました。この気持を忘れないようにしたいと思います。
シニア(60代)天のシステムが変わった。私たちは神様と共にやり終えた。そして私たちには勝利しかない。 そして私は聖域である、その為にもっともっと聖さと愛と、いつも目を覚ましている、そこを本当に気を付けて歩みます。
ミドル(30代)一致して、神様が臨在して、それによって湧き上がる自らの霊が悪霊と戦って、 勝利したことを感じる事ができたのは本当に感謝でした。今後も打ち勝ったものを続けて行きたいと思います。
レディース(30代)怠慢にならず、きちんと自分が与えられている神様からの戦いプロセスはこれからもずっと続けて戦って行こうと思います。 神様にいつも守られているのでますます信仰を強くして賢く聖く愛を持って生活して行こうと思います。
シニア(60代)私たちは敵が武装を解除するまで戦い抜く覚悟と決心が必要、 生涯神の勇士としてこの戦いを勝利から勝利へと勝ち進んで行く、それによってバビロンの捕囚の人々を奪還することができるこの現実感も今覚えています。
マダム(50代)愛と一致、本当に私たちは一致して勝利の声を上げる事が大事なのだということを感じました。 愛と一致を持って、進んで行きたいと思います。
マダム(40代)兄弟姉妹との最初の交わりの中で、本当に聖霊様の聖い一致を感じました。 自分自身がこの一致を乱す者になってはならないということを本当に心の奥底にとどめました。霊の目で見て信仰に立ち、 前進して行くということを新たに決心しました。
ミドル(60代)闇に対する戦いが始まったのだなと実感しました。個人的には右往左往してしまう状況がありますが、 共同体の一員となって強く立って行きたいと思います。
マダム(50代)現実を見る事をせず、霊の目を開いて、常時、霊の戦いをして行けるように、 並外れた信仰を持って行けるように、心を砕いて行きたいと思います。
ミドル(40代)バビロンの主権者を私たちの声が打ち破ったということを感じました。宣言によって私たちは勝利するので、 これからも宣言して進みたいと思います。
マダム(40代)私たちの戦いは血肉によるものではない、その背後にいる悪霊と戦うのだということと、 既にバビロンは滅び去り勝利しているという確信を与えられたことを感謝します。神が私たちを愛し、 力を与え守って下さるということを覚え主に感謝します。
4才 戦車がかっこよかったです。
小学(2年)あのかっこいい戦車は僕の事だと思いました。
ミドル(40代)全世界で時の声を上げて、一致してこの素晴らしい時を持つ事ができたことを感謝します。 完成を目指して歩んで行きます。
マダム(40代)神様が本当にすごい事をなさった日に立ち会う事ができたことを、本当に神様に感謝します。 足りない部分がまだまだあるので、ますます謙虚になってこれからやって来られる人たちに対して仕えて行く者に成ろうと思いました。
レディース(40代)まだまだ至らない点が一杯あって、なかなかできないのですが、これからも主と共にあって、 主の考えで動けるように頑張って行きたいと思います。
小学(6年)GGPEに行ったら少し強くなれて、すごい時間が早く感じて、もう少し聞いていたいなと思いました。
小学(2年)時間があっという間で、神様がより近く感じて、賛美もすごく戦いの音楽で、勝利したと思いました。
レディース(30代)GGPEで神様の戦いと勝利を見る事ができて、力付けられて励まされました。 これからどんどん神様の目に叶うように強く成って行きます。
J2(中学)神様は常に勝利されているということが心に残りました。私はこれからこの世と戦って行きます。
J2(30代)私たちの生活と礼拝、この戦いは勝利の土台の上にこれから歩む事ができますので更に人を愛し、仕え、 又家族を愛して、第一に妻を愛してこれから歩んで行くことを決意しました。
ミドル(30代)神様が動かれる時に、恐ろしい事であったり、悲しい事であったり、色々起きて来たとしても、全て主の栄光、 私たちの肉を本当に超えて、神様の勝利を私たちは見る事ができるのだということを本当に確信しました。主に感謝します。
ユース(30代)私も圧倒的な勝利を本当に感じました。神の国を感じました。その本当に勝利に見合った生き方、生き様、 生活を自身が本当に追及して行く事がこれからの課題だと思って励んで行きます。
<木村由智 主任牧師>皆さんがこのGGPEで感じて今日ここで言って下さったことは、 皆さん自身のものであり又私たち共同体のものであり、又、キリストの身体全体のものであるということを覚えていきましょう。 そして皆さんが受け取ったものを最後まで信仰によって守り通して、そして完成させて行きましょう。本当に私たちがここにいて、 この恵みを分かち合えることができるのは、ウッドロフ師が神様から、あなたは終わりの時代の封印を解く者である、 そしてキリストの身体全体に影響を与える者である、その言葉の故に、私たちにこれが流れて来ました。 ベールの向こうにある背景というDVDで聞かされた御言葉は、本当にこの終わりの時代の為の御言葉の解き明かしであるということが皆さんよく理解できたと思います。 何のことかよく分からなかった、しかしウッドロフ師を通して神はその封印を解いて、終わりの時代の為の御言葉を私たちに与え、 そして終わりの時代の為に私たちを取っておかれた、本当に素晴らしい恵みだと思います。これは私たちの為ではなく、 主の為であり、キリストの身体全体の為であるということをいつも皆さん覚えて私たちは進んでまいりましょう。