第4回 GLIチャプターミーティング

 7月23日(土)、今年4回目となるGLIチャプターミーティングが岡山コミュニティチャーチにて もたれ、BTGの9教会から計66名の大学生、社会人が参加し、GLIとして持つべき価値観についてさらに 深く学びました。

 今回のセッションではマイケル・ロビアンコ師が語ってくださり、GLIとしてこの世の腐敗したシステムの 中で神の国の価値観を表現することの意味について学ぶことができました。マイケル師は序盤で、暗闇と光とは 一体なんなのか、について語られ、神の国の価値観と全く反する価値観によるシステムに支配された暗闇の中で、 私たちが光である神の国の価値観を表現し、輝くことの重要性を語られました。
 今回のミーティングで、社会における光と暗闇の動き、それら両者は神によってつくられたものであり、 暗闇は光が輝くためにあえて創造されたもの、神は私たちが暗闇のただ中で、神の国の価値観を表現し、 光輝いて欲しいという思いを持たれていることを知ることができ、参加者はそのような者になるため、暗闇に 影響されたり、汚染されたりすることのない内側の成熟を求める思いがさらに強く与えられました。