GLI(Global Leadership Interlink) 日本での活動始まる



 6月27日(土)、日本で初となるGLI(Global Leadership Interlink)のセミナーが岡山コミュニティチャーチでもたれ、BTGの9教会から主任長老や教役者の先生方、学生や社会人の若者など約70名が参加しました。
 GLIとはコングレスWBNの8つのセクターのうちの1つであり、信仰に基づく神の国の価値観に基づいたリーダーシップによってこの世のシステムに影響を与える社会人や大学生などによる地球規模のネットワーク。

 今回のセミナーで語られたGLIのグローバルディレクターのグラハム・キング師は、GLIとは一体どういうものかという、その霊的な構造、歴史的な背景、その組織の構造など様々な視点から語られ、私たちが理解できるよう正確に思慮をもって紹介されました。その中でグラハム師はGLIはKCN(BTGの属するKingdom Community Network)などの他のセクターと同様、孤立したものでなく各セクターと互いに作用しながら存在している神の本質の全体像を表現するコングレスWBNの一部であることを語られました。
 また、グラハム師はGLIから出てくる声は教会から出てくる声とは少し違い、国々に対して神の知恵と悟りをもたらすパワフルな声であり、その声をもたらす私たちの内には国々に対し優越する神から来ているものがあるという意識を、私たちの核である霊的アイデンティティにしっかりと持つ必要があると語られました。
 今後このGLIの働きがこの日本の地においても、神によって導かれ、運営されていくことに大きな期待が持たれます。



~2015.6.27~



BTG合同礼拝


 6月28日(日)、コングレスWBNのエグゼグティブアタッシェの一人であるグラハム・キング師をお迎えしたクライストチャーチとコミュニティチャーチの合同礼拝が倉敷市のライフパークにてもたれました。
グラハム師は「神の動きに対する正しい応答」というテーマによりメッセージを語られ、多くの世代が一度も経験した事の無いレベルで今神は動いておられ、前例に無い前進の時期にいる私たちは、 たとえ日本が地理的状況などにより離れていたとしても、霊においてはそれらの境界を打ち破り、神がなされていることに対して完全に連なっているという理解、悟りを持たなければならないと語られました。 また、終わりの時の戦いは視野と理解に対する戦いであるというウッドロフ師の言葉を引用され、もし私たちが見ることができるならば、私たちは勝利することができ、神がなされていることを見て私たちは 神と調和し、神の運動に対する正しい反応をすることできると語られました。

 今回が初来日のグラハム・キング師。コングレスWBNのエグゼグティブアタッシェの一人であるとともに、コングレスWBNの8つのセクターのうちの1つであるGLIのグローバルディレクターでもある。

~2015.6.28~